Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回の話は、題名の通りグローバルな話でした。あまりにもグローバルすぎてちょっと頭が追い付いてませんが、感想を書いてみますね。



突然操縦不能になったアルト達。どうやら強烈なDパレスバーストのせいらしいです。Dパレスバーストってなんだろ?

その影響で、先遣隊の基地も停電してしまう。そして第一世代型マクロスを発見するランカ。すると以前のように悲鳴を上げてしまう。このときの映像に、ブレラらしき人が映ってます。

ディソシエイティブアムネジア、解離性健忘が起きてしまったんですね。そのせいで昔のことが思い出せないランカ。落ち込んでます。しかしなんで起きたんでしょうか?別に誰も傷ついていないのに…。

「なら考えるなよ。思い出さないでいいことだから忘れてるんだろ?過去なんかに縛られるのは時間の無駄さ。」

縛られているのはアルトの方だよなぁ(笑

アルトによると、強力なジャミングを受けて後方系がホワイトアウトしているだけで、機体自体には問題ないとのこと。となるとDパレスバーストっていうのは強力なジャミングだと考えていいのかな?



暑さに耐えながら密林を歩くアルトたち。そこで川を見つける。一方ミシェルたちはアルトたちの行方について話していた。話しながら何かを見つけるミシェル。どうやらさっきシェリルがグレイスからもらった薬のようです。

苦いのが嫌って、まるで子供ですね(笑 薬の表面には「639 WITCH CRAFT」 の文字が。これを見て顔を曇らせるミシェル。ウィッチクラフトって名前からしてあまりいいイメージないんですが、やっぱりこれって…。



川で水浴びをするアルト姫に見とれるランカ。確かにこの顔は女の子見たいですよね。

二人でいい感じな雰囲気で話をしていると何やら物音が。とっさにランカを引っ張り銃を構えるとただの小動物…。いや~、お約束ですよね。その後の慌てぐあいもなんというか見ててニヤニヤしちゃいます。

準備を整えさあ出発というところで、何やらランカに異変が。えー、どうやらトイレに行きたくなっただけのようですが、なかなか言えだせず、

「何がいるかわからないんだ、どうしてもっていうなら俺も、」という言葉に怒ってバカの捨て台詞を残して行ってしまいます。うん、ここは別にアルトは悪くないですよね?こういうときの女の子へのうまい対応の仕方をミシェルに教えてもらいたいですね。



なんてことを考えていたらまたもやランカの悲鳴が。どこかへ消えてしまったようですが遠くにはマクロスの姿が。一方SMSにもガリア4の異変が伝えられていた。

新型フォールドパックを使えばいいというクランの提案に、

「あれはかなりの無茶だ、ルカにとっても。」というカナリア。どういうことなのかと思ったら、レオンに呼び出されていたルカ。LAI技術開発部特別顧問ってかなりのお偉いさんですね、まぁ社長の息子なんだから当然と言えば当然か。でも自分の息子を、死ぬかもしれない戦場に置くのってかなりひどい話なんですが、そこんところどうなんだろう?

ランカを心配するナナセ。というかこの人は、出てくるたんびにランカの心配してますね(笑



「昨日までの不調がうそみたいよ。」「だろうね。」やっぱりあの薬はただの薬じゃなさそうですね。

「あいつの周りは頑固な女ばっか」という自身の言葉に思わずクラン(マイクローン)を思い出すミシェル。なんだかんだ言って、ミシェルの本命はやっぱりクランなんですね~。というかミシェルさん、そのクランの記憶情報を俺にください(ぇ



そのころアルトは、ランカがいると思われるマクロスを調べていた。機体には「04 GLOBAL」 の文字が。このマクロスはなんとランカがバジュラに襲われて遭難した(実際は全滅)、第117調査船団の旗艦だった…。だからさっきランカは発作を起こしたのか。あそこにランカがいると確信したアルトは一気にマクロスへ近づきます。

それを遠くから見ているブレラ。「ネスト」ってなんでしょう?会話の流れからしてマクロスグローバルのことかな?グレイスと思われる者の言葉から、ブレラはランカを何らかの理由で観察していたことがわかります。

ここでやっとグレイスとブレラがつながる映像が出てきました。やっぱりグレイスは黒ですね。ディメンションイーター…またわからない言葉が出てきました。



CMパート 「エイリアーン!」やっぱりランカはいいですね。



マクロスの中に侵入したアルト。どうやらそこは研究室のようですが、データがすべて消されていました。しかもごく最近ということは何者かがここに出入りしていたということ。先遣隊は前回の件で調査してなかったので、考えられるのはやっぱりグレイスかなぁ。おまけにバジュラの標本まであるし。

そこに写真のようなものが。しかも写っているのはランカ?

「お前がドクターマオの役をやることになるなんてな」といっていたオズマの言葉は、ここに関係しているのでしょうか?



ハーモニカでアイモを吹きながら、ランカの映像を見ているブレラ。そこに挿入された映像に映っていたのは、幼い頃のランカとその家族らしき人たち。

この映像だけでみると、やっぱりブレラってランカの家族、兄なんじゃないでしょうか?ランカが気になるのはそのせいだと考えるとつじつまが合うんですが…。

ランカが目を覚ますとそこはバジュラの巣でした。こういう某エイリアンシリーズのような絵は苦手なのできついです(汗 アルトに助けを求めると謎の生物が襲いかかってきました。すぐさま駆けつけるアルト。

「助けて・・・」

しかしその声に応えたのはブレラ。襲ってくるバジュラを撃ち落としていきます。

遅れて到着したアルトは何とかランカの元へと飛んでいきますがすんでのところでランカが捕まってしまいます。

これは、捕まるというより外敵からランカを守ったとも取れますね~。ランカとバジュラの関係はどうなっているのでしょうか?

バジュラと闘っていたブレラの弾が、本体らしき生物に当たってしまいます。するとその生物だけでなく、ランカまで痛みを感じてしまう。するとランカの体が光り、続いて謎の生物の体も光りだします。

その衝撃で吹き飛ばされるブレラとアルト。



海中から脱出するブレラとアルト。VF-27って水中でも行動できるんですね~。

マクロスまで光り出し、それを確認したグレイスは「やっとお目覚めね?」とニヤリと笑う。同時に謎の機械が姿を現す…っておもいっきりLAIって書いてあるじゃないですか!

一方アルトはバルキリーを起動させランカの救出へ向かうが、ついにマクロスがその本当の姿を現す。それはなんとバジュラの母艦。それも以前出たようなものよりもはるかに大きいものでした。というかラピュタっぽい(笑

それに呼応するかのように、あちこちからバジュラの船が現れる。



何とかランカの元へと向かおうとするアルトへ、なぜか攻撃をしてくるブレラ。さっきはランカを守っていたのにどういうことなんでしょうか?次第に追いつめられるアルトが、起死回生の攻撃をしますがあっさりかわされます。

「貴様は、あの娘に相応しくない。」

そう言ってコックピットに照準を合わせるブレラ。このピンチを救ったのはミシェル。さすがスナイパーですね。



「だから、頼む。ランカを助けてやってくれっ!」

「わかったわ、~あんたは死んでもそいつの足を止めてなさい!」

シェリルってやっぱり凄い。ミシェルの言う通り惚れちゃいそうです(笑 照れ隠しに「アイハブ!」なんて言っちゃうところなんかもうたまらないです。さすがにホントに操縦されたら困りますけど。



「こっちも早く決着付けてっ!」とか言ってる間に決着付けられそうになっているアルト。

「ショウダウン」の言葉とともにアルト撃墜かと思いきやグレイスの命令で回避される。このタイミングの良さがなんとも王道物って感じでいいですね。

ってグレイスさん、腕がーっ!。グレイスはインプラントとかそういうレベルじゃなくて、人間ではなかったようです。起動するディメンションイーター。それと共に、おそらくグレイスの分身が崩壊する。その崩壊は徐々に広がり、先遣隊をも巻き込む。先遣隊の通信から、これがフォールド断層ということがわかります。このことからディメンションイーターとはフォールド断層を引き起こす装置であることがわかりました。

超時空シンデレラランカちゃん、とか言っていた人も巻き込まれました。あ~。



この断層はまだ広がり、ついには星まで飲み込もうとします。…これは断層なんてレベルじゃないですね。フォールドしようとするバジュラの母艦達。何とかそれにつかまろうとするミシェル。

「こんなところで死ねるかぁぁーっ!」



というところで今回は終わります。 なんというか内容濃すぎ。今までの謎が少し解明され、新しい大きな謎がまた出てきました。

今回でわかったのは、グレイスの企みについてですね。と言っても彼女?の企みはまだこれからって気がしますが、ひとまずガリア4の一件までの流れがわかりました。LAIに技術提供したのもこのためって気がします。

シェリルがフロンティアに来たのも、ランカが幸運を掴んで代役を手にしたのもすべてはグレイスの演出みたいです。

そしてブレラとランカの関係。これも少し見えてきました。

逆にわからなくなったのがランカの正体。なぜランカの乗っていた117調査船団がバジュラに襲われたのか?ランカの写真があった研究室になぜバジュラの標本があったのか?ランカとバジュラの関係とは。何よりなぜレオンはランカにこだわるのか?全然わからないです。そもそもバジュラという存在自体謎に包まれているのですから当然ですが。

そしてちょっと気になるのはレオンとグレイスの関係。今回のことはどうやらレオンも承知のうえでのことのようですが、そうなると次回予告でフロンティアが襲われているのと矛盾している気がします。裏切られたのか、これも計画通りなのか…。



それにしても、先週に引き続きランカ大プッシュの今回。この話でランカがヒロインなのは確定しちゃいましたね。もうシェリルのターンは回ってこないのでしょうか?考えられるのは「ギャラクシー」の存在です。ブレラの体を改造したのも、彼の機体を作ったのもギャラクシーだと考えると、今後ギャラクシーの扱いがどうなるかでシェリルの扱いも変わってくるでしょうね~。ぜひともシェリルに出番を回してほしいです。私はランカ派ですけど(ぇ



次回予告を見ると、どうやらあの母艦はフロンティアへ向かったようです。当然ランカ、ミシェル、シェリルも一緒でしょう。でもアルトは?予告の中でアルトが出てくるところを見ると、何とか脱出しフロンティアへ向かったようですがこれは新型フォールドパックを使ったのかな?

次回、マザーズ・ララバイ 楽しみです。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Ruins Van Hart, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。