Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


謎の柩に手を伸ばすハヤテ。これを開けるのは間違いなく死亡フラグなんだけど、幼いハヤテにはまだそれがわからない。すんでのところ、肩を掴んで引きとめたのはアテネ。なんか目がすげー怖いんですけど(汗 これが悪の女王たるゆえんか。



その後お城の中を歩く二人。改めてこの城が普通でないことを感じ取るハヤテ。

そしてついになんと…マリアさん(17歳じゃない)が登場!?

バックステージの絵がマリアさんだったのはこのためかぁ~。



これはどういうことなんでしょう?アテネの説明通りならマリアさんとアテネは過去に一度はあっていなければならないはず。そしてこれまでの話から、おそらくアテネは生まれてからずっとこの城にいるのではないでしょうか?とすると、つまりマリアさんは過去にこの城に来たことがある???

だめです。私には分かりません。何となく帝つながりなのかなとしか思い浮かびませんね。



そして今回もマリアさんを褒めちぎったせいで主を怒らせたハヤテ。「繰り返し」再びってやつですか。

ですがどこかの青春ドラマのような事を経て無事仲直り。やっぱりアテネは寂しかったんですね。

ちなみに「木の芽」じゃなくて「木の芽風」ですよ、畑先生。 べほまー!!

アテネにはハヤテが必要で、ハヤテにはアテネが必要。このままいけばこの夢は永遠に続く感じなんですが、実際はそうではない。いったい何が二人の間に起こったんでしょうね。



考えられるのは、何らかの外的要因ですかね。というか城には二人しかいなくて、その二人はラブラブなんだから、その二人を引き裂くには外から何かが来るとしか考えられない。

そしてその何かは、やっぱりハヤテの肉親なんだろうなぁ。状況から考えて、あの親が迎えに来るとは考えられないから、やっぱり兄が迎えに来ると思うんでしょうが、どうでしょう。

来週で過去編が終わりそうなのが残念。誰か正解率1%にたどり着けた人はいないんでしょうかね。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Ruins Van Hart, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。